SEO集客にはアクセス解析するべき

市場という広い視野を持つ

インターネットを、市場という広い視野を持つとやる事が決まっていきます。

 

大きな市場だからこそ、顧客層をある程度固定しなければいけません。
SEO集客では、この考え方が一般的です。
顧客層を固定すると、アクセス解析の使い方も明確になってきます。

 

サイト運営を行なった事がない方であれば、なぜわざわざ顧客層を制限しなければと思う方もおられるはずです。
実際にサイト運営を行うと身を持って知ることとなりますが、多すぎてもダメなのです。
大きな市場だからといって、膨大なネットユーザーの多くが、自分のサイトにやってくるとは限らないのです。
期待値と現実は違います。
ですから顧客層を固定して、それに則したウェブサイトを構築し、テーマを固定し、運営する必要があるのです。
1サイトにテーマは1つがSEO集客の基本です。
散漫なサイトに人は集まりません。
これにはちゃんと理屈があるのです。

 

これを踏まえて、アクセス解析を用いてSEO集客に活かしていきましょう。
顧客層が固定されていれば、年齢層もある程度固定化されていきます。
では、少しそれをサイトのアクセスの時間帯と照らし合わせてみましょう。

 

例えば主婦がメインのサイトであれば朝方、お昼、夕方のアクセスは減少傾向にあると予測出来ます。
これはどの時間帯も主婦が忙しく、ネットを使う時間がない為です。
つまり、午前10時くらいからアクセスが増えるサイトなら、ターゲットとサイトがマッチしていると言えます。
サイトと顧客層がマッチしていれば、成約率が高くなるのは普通の事です。
このようにSEO集客が出来ていても、成約率が悪ければコンテンツが弱いと考えられます。
そこでテキストが堅いのか、画像があったほうが良いのか、誘導が弱いのかなどを研究して改善すれば良いのです。

 

これはあくまで一例です。
ですが市場が大きいからこそ顧客層を制限する点については、必ず覚えておいてください。
これはSEO集客では基本です。

 

アクセス解析の使い方、分析方法、改善は、自分なりのアレンジを加えて運営に活かしてアクセスと成約率アップに活かしてみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ