SEO集客にはアクセス解析するべき

自社の解析だけでデータ解析がムダに

サイト運営をしている企業にとって、どんなユーザーが訪問してきたのか、企業それぞれのデータ分析をおこなっていることと思いますが、さらに有効にこうした情報を活用していくためには、アクセス解析をしていく必要もあるのです。自社の解析というと、どのくらいの訪問者が着てくれたのか、どんなコンテンツがアクセス数を上げているかといった表面的なものにすぎかせん。もちろん、こうした自社の解析はサイト運営には必要なのは確かですが、これだけでは爆発的な顧客獲得をしていくには役不足と言わざるおえません。もっと効率的に解析することができるのです。たとえば、グーグルが提供しているウェブマスターツールやグーグルアナリティクスというサービスを導入すれば、訪問者の年齢、性別、住んでいる地域など、マーケティングをおこなうには十分なほどの情報を収集することができます。また、こうした情報を利用すればSEO集客をおこなうこともできます。一例をあげると、自社に訪問してくれるユーザーの年代分布を調べて、コンテンツを作り上げていくことで、ユーザーが欲しい情報を提供することができるため、SEO集客へとつながっていくことが考えられます。こうした分析もツールを導入するだけで簡単に分析することができるのです。このように、自社の解析だけをしていたのでは、ムダになっていることがほどんなのです。訪問者を増やしたいのであれば、SEO集客についても考えなくてはいけません。SEOという概念は一見すると難しいものと思われがちです。たしかに、SEO対策をする専門の業者も存在しますが、企業にとってのSEO対策とは、検索順位を上げることではなく、いかに顧客が望んでいるコンテンツを提供できるかにあるのです。そのため、SEO集客を考える場合には、自社での解析のほかにアクセス分析をおこなう必要があるのです。そして、こうした分析ができる有益なツールが数多くあるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ