SEO集客にはアクセス解析するべき

SEOでの集客はアクセス数?

SEOの最終的なゴールの為には、アクセス解析は必須です。

 

SEO集客だけがゴールではありません。
SEO集客がアクセス数に比例するとは限らないのです。

 

確かにSEOを行えば、検索順位が上昇しアクセス数は増える事となります。
結果、ウェブサイトへのアクセス数が増える事で、成約数が増えやすい環境が生まれるのは間違いありません。

 

しかし、SEO集客が出来ただけではツメが甘いです。
今度は増えてきたアクセス数をなるべく多く成約に結びつける為の施策が必要となります。
最終的なゴールは、アクセスが増えるのではなく、アクセス数に比例した成約でしょう。

 

その為に必要なのがアクセス解析です。
ウェブサイトにやってきたネットユーザーを分析・研究して内部のコンテンツを強化します。
やってきた潜在顧客の年齢層、アクセスの多い時間帯、少ない時間帯、人気ページ、不人気ページ、サイト内の巡回方向などを少しずつでも良いので分析・研究してユーザーの需要を満たして挙げましょう。

 

潜在顧客の年齢層は、いきなり何歳と把握するのは無理ですが、時間帯で予想出来ます。
午前10時以降から増加していれば、これは一般的には主婦の方が閲覧していると予測出来ます。
一方夕方からのアクセスが期待出来るのであれば、学校・仕事終わりの方々と予測可能です。

 

やたらと人気のあるページには何かがあります。(解析ツールではページごとのアクセス数も確認できます。)
あなたのサイトにやってきたネットユーザーの心を掴んでいるページですから分析必須です。
テキストの内容が良いのか、画像が良いのか、データに希少性が高かったのか、役立つのかを確認してください。
そして分析が終わったら次のコンテンツ作成に活かして、コンテンツを強化しましょう。

 

不人気ページは、弱点の補強の為にテキストや構成などを修正しましょう。
不人気ページに注目する理由は、直帰されやすいページだからです。
弱点からネットユーザーに逃げられてしまって勿体ないです。
よって必ず不人気ページは補強しておきましょう。

 

SEO集客だけで満足するのではなく、そこからアクセス解析を使ってユーザーの動向を分析・研究してください。
そして最終的なゴールに近づいて、サクッと目標を達成していきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ